しもゆぎだより ブログ

防災講演会参加報告

町会長 田倉正二

2月21日に八王子市町会自治会連合会主催の防災講演会がいちょうホールで開催され、私が参加しましたので、その概要について報告します。
 今年度のテーマは「避難所の設営から運営まで~公平と公正とは、防災訓練の現状と課題~」で、一般社団法人地域防支援協会事務局長の「野呂順正氏」が講演されました。
 野呂氏は、元陸上自衛隊員で、現在は東京都の防災研修セミナーの講師や都内各町会・自治会の防災アドバイザー等として活躍されています。
 講演の内容は、「八王子市の指定避難所の概念」から始まり、「避難所開設の基本的手順」、「防災訓練とイベント」など多岐に渡っており、2時間があっという間に経過してしまう大変有意義なものでした。その中で、特に印象に残っている言葉は、「正常性バイアス」です。
 東日本大震災時の津波や御嶽山の噴火などの映像を見ると「何故早く逃げないんだ」と思いますが、「災害時や非常時に自分は大丈夫と思い込んでしまう危険な脳の働き」=「正常性バイアス」により、適切な行動が取れず、被害を大きくする要因の一つになっていると話されました。 
 確かに突発的な災害や非常事態が起こった場合、状況がとっさに理解できず、呆然としてしまうのが普通かもしれません。
 そのような場合にも、落ち着いて行動できるようにするために有効なのが日頃からの「訓練」であり、訓練を重ねることで、いざという時に自然にいつもと同じ行動をとることができ、身を守ることにつながると野呂氏は指摘されました。
 この講演会に参加し、毎年の防災訓練の重要性を再認識するとともに、内容の充実に努めていく必要があると感じました。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する